賢者の贈り物(The Gift of the Magi)

コスメ・化粧品

すてきな物語

12月24日、クリスマス・イヴのことです。

アメリカには若い夫婦、ジェイムズとデラ・ヤングがいました。ジェイムズはジムと呼ばれ、彼の妻の名前はデラでした。

ジムは貧しいサラリーマンでした。そして、ヤング夫妻が迎えたその年は景気が非常に悪く、ジムの給料も減ってしまいました。二人は困難なクリスマスを迎えなければなりませんでした。

しかし、デラはなんとかこのクリスマス・イヴを楽しく過ごしたいと思っていました。そして、愛する夫に素晴らしいプレゼントを贈りたいと考えましたが、彼女の持っているのはたった1ドル87セントだけでした。何度数え直しても、1ドル87セントしかありません。デラの目から涙がこぼれました。

しかし、デラが姿見の前に立って化粧を整えている時、彼女は素晴らしいアイデアを思いつきました。デラは膝まで伸びる美しい髪の毛を持っていました。

そして、その長い髪の毛はすぐに何か別の物に変わりました。それは、ジムが大切にしている金の懐中時計に付けるための「プラチナの鎖」でした。

一方、ジムも愛する妻デラに素晴らしいプレゼントを贈ろうと考えていました。しかし、お金がありませんでした。そこで、ジムは彼の祖父と父から受け継いだ大切な金の懐中時計を質に入れ、デラが欲しがっていた「鼈甲の櫛」を購入しました。

デラは「プラチナの時計鎖」をジムに贈る準備をして、ジムの帰りを待っていました。ジムは定刻通りにアパートに帰ってきました。

しかし、ジムがドアを開けてデラの顔を見ると、彼は固まってしまいました。なぜなら、デラの美しい髪の毛がなくなっていたからです。

しかし、それだけではありません。デラが髪を売って買った「プラチナの鎖」をつけるはずだったジムの金時計もなくなっていたのです。

ジムが金時計を売り、デラの髪に飾るための「鼈甲の櫛」を買ったのに、デラが自分の髪を売って買った「プラチナの鎖」。両方とも無駄になってしまいました。デラの美しい髪の毛はなく、ジムの金時計もありませんでした。

しかし、彼らはお互いの「思いやり」を受け取りました。自分たちの一番大切なものを犠牲にしてまで、愛する人を喜ばせようとしたその「思いやりの心」を互いに受け取ったのです(愛の確認)。彼らはそれぞれのプレゼントを机の引き出しにそっとしまったのです。

そして、作者のオー・ヘンリーは最後にこう述べています。「現代の賢者たちに言おう。贈り物をする人々の中で、この二人こそが本当の「賢い人々」だったのだと。 贈り物を与え、贈り物を受け取る人々の中で、彼ら二人のような人々こそが「最も賢い人々」なのです」と。

自分の大切なものを犠牲にしてまでも、相手が喜ぶことをしようとする思いやりは、とても価値のあるものです。

出典:賢者の贈り物(The Gift of the Magi)
原作:オー・ヘンリーO. Henry, 本名:William Sydney Porter

私たちのミッション

私たちのミッションは、お洒落なプレゼントや喜ばれるギフトを選ぶ際に悩む人々に対し、優れた情報とアイデアを提供することです。私たちは、最新のトレンドや個性的なアイテムを取り入れながら、ユーザーが心から喜ぶプレゼントを選ぶためのガイダンスを提供します。私たちのサイトは、信頼性の高い情報や詳細な製品レビュー、アイデアの提案などを通じて、ユーザーが素晴らしいプレゼント体験を得られるように支援します。私たちは、感動と喜びに満ちた贈り物の文化を育み、人々の特別な瞬間を彩ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました