MAISON MARGIELA / メゾン・マルジェラ Anonymous I.D Bracelet

ファッション

センスのいい贈り物をしたい。しかし外すのが怖いし、ダサいものは送りたく無い。そんな人の悩みをかなえるのがマルジェラのこのアイテム。

ファッション界に数々の革命を巻き起こした天才デザイナー、マルタン・マルジェラにより創設された〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉についてご紹介します。1980年代後半、当時の主流であったゆったりとしたシルエットに逆らい、タイトなシルエットを提案しました。さらに、リメイクやダメージ、ペイントなどの手法を取り入れるなど、一貫して反モードの姿勢を崩さず、創造性を追求してきた同ブランドは、デザイナー自身が引退した後も世界中のファッションアディクトから支持を集めています。

ここでご紹介するのは、定番人気を誇る「I.D Bracelet(I.D ブレスレット)」です。無骨で存在感のあるチェーンと、余計な要素を排除したプレートの組み合わせが洗練された雰囲気を醸し出しています。モデル名にある「ID」は、Identification(身元確認)の略であり、古代ローマ時代のスパルタ人が手首に着けた棒に名前を刻んだのが起源です。兵士自身の名前や誕生日、血液型などの身元を判別するための個人情報を刻印したもので、元々は首にぶら下げるタグでしたが、後にブレスレット型へと変化し、近年ではドッグタグに変わっています。このモデルは、第二次世界大戦時に普及したプレートと喜平チェーンを組み合わせたタイプをモチーフとしています。

通常のブランドでは、IDがあしらわれるプレートの表面にブランドネームを刻印するのが一般的ですが、マルジェラでは異なります。何も刻印されていません。これはマルジェラが「デザインの本質」を伝えるために掲げてきた「アノニマス(匿名性)」という哲学に由来しています。「ファッションとは、デザインにフォーカスするべきであり、その他は気が散る要素に過ぎない」と語り、自身もほとんど公に姿を現すことはありませんでした。そのため、本モデルには「アノニマス I.D ブレスレット」という別名が付けられています。プレート裏面に刻まれた11の刻印は、タグの番号と同様のものです。これは女性と男性のためのアクセサリーコレクションに属していることを意味しています。ジョイント部分はクリップタイプになっており、シーズンによって様々なタイプが存在しています。

素材 : シルバー925

コメント

タイトルとURLをコピーしました